■プロフィール

青木悠乃

Author:青木悠乃
イラストレーター目指して
修行中です。
有償・無償問わず
イラストのお仕事募集してます!
リンクのメールフォームや
記事のコメントなどから
お気軽にお声かけください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログランキング

応援よろしくお願いします! ↓クリック

FC2Blog Ranking

■FC2カウンター

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

白沢パピ子
pixivの公式企画【白沢パピ子デザインコンテスト】に参加しました。

江崎グリコのパピコ<ホワイトサワー>をイメージした「白沢パピ子」ちゃんをテーマに、キャラクターデザインをするというものです。
ちなみに読み方は「ほわいとさわパピ子」だそうです。

なかなか納得のいくデザインが浮かばず、実際に制作を開始したのはかなりギリギリになってからでした。
何とか間に合って本当に良かったです。
他の応募作品を見るとハイレベルなものばかりで採用は難しいと思いますが、参加することに意義があると思いますし、楽しく描けたので良しとします。

白沢パピ子



募集・コンテスト | 18:44:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
ペンタブ使用開始から2年
ペンタブを使用し始めてから、今日で2年になりました。

残念ながらあまり上達できたような気がしませんが、描けるようになったものは少しは増えた・・・と思いたいです。
いつも言っているような気もしますが、もっと描き込みの多い絵を描けるようになりたいです。
と言いつつ今回も簡単な絵ですが・・・。
背景はパターントーン使用で楽をしてしまいました。
普段使用しているペイントソフトも、まだまだわからない機能がたくさんあると思うので、使いこなせるように頑張ります。

ぬいぐるみ



オリジナル | 21:44:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
知智らくがき
知智さんのらくがきです。

「犯人は・・・」の指差しが「やーい」な感じで相手をバカにしているように見えたり、頭身とか全身のバランスがおかしかったりしてます・・・。
左下の目のアップも、これは微妙に知智の目じゃないです。

考えなしでらくがきしていると、こんな感じでおかしな部分が出てきてしまうことが多いです。
らくがきでも意味のある練習になるようにもう少し考えながら描くことを意識していきたいと思います。

知智らくがき



らくがき | 18:58:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
バレンタインコンビ
本日はバレンタインデーということで、スティール・ボール・ランのバレンタインコンビ、ヴァレンタイン大統領とディ・ス・コのらくがきです。

最初はディ・ス・コだけのつもりでしたが、大統領は外せないなと思い結局一緒に描くことにしました。
大統領は「どジャアァぁぁぁ~~ン」な感じにするはずが、なんとなく窮屈になってしまいました。
もっと両手を外側に広げた方が良かったかもしれません。

大統領ディスコ



版権 | 16:24:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
キングつながり
以前ディアボロ&キング・クリムゾンを描いた時に思いついた、しょうもないネタです。

カリフォルニア・キング・ベッドちゃんとキング・クリムゾンを合体させてみました。
名を冠するなら「カリフォルニア・キング・クリムゾン」

描く時間がなくてそのまま忘れてしまっていたのですが、思い出せたのでまた忘れないうちにざっくりとらくがきです。
もしかしたらまたしっかり描き直すかもしれません。

カリフォルニア・キング・クリムゾン_ラフ



版権 | 17:57:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
描くものリスト20140206
最近やることが増えてきたので、忘れないように今月中にやるべきことをまたリスト化しておきます。

●立ち絵
●デザイン
●イラストP2
●応募用イラスト

他のことに追われていて、またしても立ち絵がなかなか進められずにいました・・・。
現在描いているキャラは修正など含めて来週中には完成させる予定なので、さすがに今月いっぱい使うなんてことはありませんが、よく作業が遅れてしまっているので気をつけたいです。



日記 | 18:01:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
ニコラ・ド・スタールについて
画家ニコラ・ド・スタールについて、簡単にですが調べてみました。

「岸辺露伴は動かない エピソード#02 六壁坂」の中で、露伴先生がこの画家について紹介しています。

画家だよ '55年没「ド・スタール」が描く絵は・・・
抽象画でありながら同時に風景画でもあって そのギリギリのせめぎ合いをテーマに描いている
こんな簡単な絵なのに光と奥行きと哀愁があって泣けるんだ

つまり「絵画」で心の究極に挑戦しているんだ

知らない画家なので調べようと思ったのにそのまま忘れてしまっていたのですが、昨日この話題に触れる機会があったので、ようやく調べることができました。
いつもとは毛色の異なる内容の記事ですが、せっかくなので備忘録としてまとめておこうと思います。

続きを読む >>
未分類 | 23:44:19 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad